ロト6当選確率83.3%の「肉の法則」とは?

投稿日 : 2019年03月25日 / 更新日 : 2019年04月01日

ロト6に当たったら、美味しい肉が食べたいですねぇ~
想像しただけで、よだれが・・・
というわけで、今回は肉をテーマにロト6を予想したいと思います。
なんでやねん!とツッコミを受けそうですが、実は関係があるんですよ。
前置きはこれまでにして、「肉の法則」をご紹介したいと思います。

肉の法則とは?

ロト6の攻略法は、「できる限り数字を削除し、選択数字を減らす」だと思います。
消去数字について考えてみるでもご紹介したとおり、数字を削除すればするほど1等当選の組み合わせが少なくなります。
もちろん、削除したからといって絞り込み数字に当選数字6個すべてが無ければ1等当選はしません。

今回は1000回~1364回までの365回のデータを基に分析しました。
システマティックに絞り込めるルールをいろいろと試した結果、数字の出現間隔での抽出が良いことに気が付きました。
その中でも、特に出現間隔2~9のバランスが良かったのです。
出現間隔2~9を条件に、数字を絞り込むと19~33個になります。
ちなみに30個を超えるのは、全体の5.5%とそれほど多くありません。約95%は19~29個まで絞り込めますので、この当たりでいいのではと思います。

みなさん、もうおわかりですよね。
出現間隔2~9の数字を狙う法則だから、「肉の法則」というわけです。
非常にくだらない・・・ですね。

スポンサードサーチ

当選確率は83.3%

肉の法則をご紹介しましたが、どのくらいヒットするのか気になりますよね。
1000回~1364回までの365回で調べてみると、3個以上ヒットする確率は、なんと83.3%もあります!
でもほとんどが3個なんじゃないの?とお思いですよね。
いやいや、そんなことはないんです。
集計データをご覧ください。

6個出現・・・20回(5.5%)
5個出現・・・68回(18.6%)
4個出現・・・114回(31.2%)
3個出現・・・102回(27.9%)

5%の確率で6個出現しています。20回に1回は肉の法則がヒットする計算になります。

年間7~8回は6個出現している

どのくらいの間隔で6個出現しているのか、実際の結果で確認してみたいと思います。
肉の法則で絞り込んだ数字から6個出現したのは、次の20回です。

年間7~8回ヒットしていますね。
2019年はすでに3回ヒットしています。
あと4~5回は可能性がありそうです。

肉の法則まとめ

肉の法則は、いかがだったでしょうか。
6個出現する確率は5%。低いと感じるか高いと感じるか。
私は高いと思います。だって、億万長者ですからね。
みなさん地道にコツコツと、1等当選を狙っていきませんか?
これいいかもと思った方は、是非お試しください。

最新のロト6絞り込み数字は、ロト6当選確率80%・肉の法則の絞り込み数字をご覧ください。

カテゴリー