ロト6・第1360回の絞り込み数字と購入パターン

投稿日 : 2019年03月07日

当選確率は約60%のロジックで、第1360回のロト6の当選を目指します。
3月5日(火)の夜に公開予定とお伝えしたのですが、更新が遅くなり申し訳ありません。
今回はキャリーオーバー発生中ということで、いろいろと考えすぎてしまいました。
いろいろと分析したので、たくさんヒットするといいなぁ。
それでは第1360回の絞り込み数字をご紹介いたします。

第1360回の絞り込み数字

今回も20個まで絞り込むことができました。20個の中から6個の数字を選ぶだけで、当選に近づきます。
ちなみに、前回(第1359回)は21個中4個。
組み合わせ次第ですが、4等当選が狙える内容でした。

今回も懲りずに30台を軸数字にしたいと思います。

スポンサードサーチ

第1360回の購入分析

「軸数字」と「その他の数字」を選ぶために、情報を整理してみました。それが次の表になります。

縦軸は出現間隔による区分け。Aは出現間隔が短く、Cは出現間隔が長いという意味です。
横軸は総出現回数のランクによる区分けになります。グループ1は出現回数ランキングが1~21位のもの、グループBは22~43位のものを振り分けました。
この表を参考に、軸数字4つを選んでみてください。
その時のポイントが

1.A1・A2・B・Cから、数字を1個ずつ選ぶ
2.グループ1と2の数は偏りすぎない(理想は2個ずつですが、1個と3個でも可)
3.軸数字は奇数2個、偶数2個にする
4.1桁~40台のバランスは意識しないでOK。ただし、極端な配置(たとえば30台を4個)は避けたほうが良いかも。

になります。こういった傾向がありそうだなぁーという個人的な見解です。ヒラメキが合った場合は、皆さんの直感を優先してください。

第1360回の組み合わせ選択方法

次の4ステップで購入5口の組み合わせを考えてみてください。軸数字が見事にハマれば当選確率がアップしますよ。

STEP-1.軸数字を4つ選ぶ

今回出るんじゃないかと思う数字を先程の表から4個選んでみてください。

私はこんな感じに選んでみました。

今回は「30台を入れる」「A1・A2・B・Cから数字を1個ずつ」「奇数2個・偶数2個」を意識してチョイスしてみました。

STEP-2.軸数字を4つを順位付けする

先程選んだ4つの数字を出やすいと思う順に並べ、1位⇒S1、2位⇒S2、3位⇒S3、4位⇒S4に代入。

30台押しなので、S1は「34」にします。その他は次の通り。
S1⇒「34」、S2⇒「23」、S3⇒「13」、S4⇒「04」

STEP-3.残りの数字をX1~X15に代入する。

今回は絞り込み数字が20個あるため、残りの数字は16個。そのためX1~X16に代入します。Xへの代入方法ですが、規則性はありません。みなさまの直感でお決めください。

残りの数字は16個の代入はまだ悩み中・・・

STEP-4.次の型に当てはめる。

第1360回の絞り込み数字は20個ですので、次の型になります。
  ① S1 ・ S2 ・ S3 ・ S4 ・ X1 ・ X6
  ② S1 ・ S2 ・ S3 ・ S4 ・ X2 ・ X7
  ③ S1 ・ S2 ・ S3 ・ X3 ・ X8 ・ X11
  ④ S1 ・ S2 ・ X4 ・ X9 ・ X12 ・ X14
  ⑤ S1 ・ X5 ・ X10 ・ X13 ・ X15 ・ X16

いかがでしたでしょうか?軸数字のS1~S3のうち1つ以上当たれば、当選確率がかなり上がります。
第1360回のロト6購入の参考にしてみてくださいね。

カテゴリー